2010年04月17日

発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待−群馬(時事通信)

 群馬県立自然史博物館(富岡市)は16日、同県高崎市吉井町の鏑川から2002年に発見された化石が、新属新種のクジラと判明したと発表した。クジラは「ジョウモウケタス・シミズアイ」と名付けられ、論文は米専門誌に掲載された。
 化石は頭部や椎骨などでいずれも約1100万年前の地層から見つかった。当時は水深180〜1800メートルの海だったとみられる。
 頭蓋(ずがい)の長さは約75センチで、体長は4メートル前後と推定される。現存するクジラと比べて頭部の骨の形が異なるなどの特徴があるという。
 同博物館が既存の化石や標本などと比較した結果、化石はヒゲクジラ類の絶滅したケトテリウム科の新属と確認。群馬県の古い呼び名である上毛と発見者の同県桐生市の清水勝さんにちなんで命名された。
 国内ではこれまで、1984年に広島県で「ヒバケタス・ヒロセアイ」、94年に三重県で「イサナケタス・ラティセファルス」と名付けられた新属新種のクジラの化石が見つかっている。
 今回発見された化石は、身体の特徴が最もよく表れる頭蓋の保存状態が良く、同博物館の木村敏之学芸員は「クジラの進化の道筋を解明するのに役立つ」と話している。
 化石は17日から5月9日まで同博物館で一般公開される。 

【関連ニュース】
【特集】米アカデミー賞
特集・恐竜図鑑〜「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜〜
【特集】「ジャマモク」でヘルシーに! 海藻博士の奮闘記
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間

留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で−兵庫県警(時事通信)
羽生が先勝=将棋名人戦(時事通信)
「偽札の捜査中」点検するふり、バッグ盗む(読売新聞)
<村本さん銃撃>「あの笑顔で帰れず残念」妻の恵美子さん(毎日新聞)
「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)
posted by ナカニシ タケヒコ at 14:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

弁護側請求の精神鑑定留保=ペルー人被告の差し戻し審開始−小1女児殺害・広島高裁(時事通信)

 広島市で2005年、小学1年木下あいりちゃん=当時(7)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われたペルー人、ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(38)の差し戻し控訴審第1回公判が8日、広島高裁(竹田隆裁判長)で開かれた。弁護側は被告の精神鑑定などを求めたが、この日は留保された。
 被告を無期懲役(求刑死刑)とした一審広島地裁が被告の供述調書を証拠採用しなかった点について、二審広島高裁は08年12月、「審理を尽くさず違法」と判断。最高裁は昨年10月、一審の手続きを適法とし審理を差し戻していた。今後、一審の量刑が妥当かどうかを中心に審理される見通し。
 検察側はこの日、「犯行は計画的で、ペルーでも女児に対する犯罪で予審を請求されている。死刑をもって臨むのはやむを得ない」と意見を述べた。これに対し、弁護側はペルーの事件の証拠排除を申し立てたが、裁判長は「判決において判断します」とするにとどめた。 

【関連ニュース】
対日関係にらみ執行通告か=ギョーザ事件検挙直後
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点

入院患者の血中からインスリン 逮捕された看護師の鑑定留置認める 京都(産経新聞)
張十段 3連勝で防衛 囲碁十段戦(産経新聞)
奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)
石原知事、平沼新党から参院選出馬構想…幻に(読売新聞)
posted by ナカニシ タケヒコ at 01:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

日航ジャンボ貨物機、整備士が接触を隠して修理 (産経新聞)

 日本航空のボーイング747型貨物機で平成15年、規定外の部品を使った修理が行われた上に保存義務がある整備記録も残していなかった問題で、日航は6日、米国の空港で作業車と接触した機体を同社の日本人整備士が隠れて修理していた、とする調査結果を発表した。日航はこの整備士を処分する。

 日航によると、15年3月10日、米アンカレジ空港に到着した貨物機の胴体下部に縦23センチ、横約8センチ、深さ約0・6センチのへこみがあり、規定外のアルミ部品を使って修理した跡が見つかった。

 貨物機は同月8日に米ロサンゼルスの空港で、トイレの水を抜き取る作業車と接触するトラブルを起こしていた。整備士はトラブルを社に報告することをためらい、規定と異なる修理を行い、整備記録も残さなかった。

 当時の社内調査では修理の経緯は確認できなかったが、今年1月に内部の関係者から匿名の情報提供があり、判明した。

【関連記事】
「拠点閉鎖は整理解雇」 日航方針に客室乗務員が大阪で会見
日航、50路線廃止方針 地元知事は反発
日航、50路線廃止を検討 リストラ強化へ
新生・日航の「1期生」が入社式、奮闘誓う
日航、貨物専用機の運航を10月末に休止
「中国内陸部の資源事情とは…?」

普天間問題 鳩山首相「私の言葉で混乱はない」(産経新聞)
送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒(産経新聞)
相模原が政令市に=全国19番目、「戦後生まれ」では初(時事通信)
牛肉輸入協議再開へ 日米合意 米「段階的に緩和を」(産経新聞)
コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)
posted by ナカニシ タケヒコ at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。